FC2ブログ

かわのほとりのオープンカフェ りにゅーある | とってもきまぐれなオリジナル漫画。とっても素敵な不定期更新(^-^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by OKさんたろう on  | 

初めて手を握った日 その四

入院中に整形を一度施し、退院したのは数か月後のことであった。

退院一週間を過ぎた頃に自宅に電話を入れてみた。

会ってくれると言ってきた。

自宅は車で10分ほどの近所である。

幸い親戚は半径10Km以内に何人もいたのだ。

扉を開けるとすぐそこのキッチンに彼女は座っていた。

髪の毛はまだ伸びておらず、ボーイッシュな感じであった。

やはり顔は多少の違和感は隠せなかったが、真正面を向いて
私の目を見て話してくれた。

「こんなんなっちゃった」

「あと何度かの整形とリハビリでだんだん良くなるみたいだけれど」

寂しげに呟いた。

「もう帰ってきてから外にも全然出ようとしないの」

母親がそう言っていつものなみなみと注いだコーヒーを手渡して
くれた。

「ええ~、そりぁダメだよ」

「いずれ元に戻るんだから今からそれもリハビリのひとつだよ」

「そうだ、今から食事に出よう」

思いつくままそんなことを言ってしまった。

最初は迷っていたが、二人で食事に出る事となった。

挿絵2

丁度夕食の時間。

車を走らせ国道沿いの「肉の万世」へ。

病気の事、これからの事、恐らくいろいろ話はしたが覚えてはいない。

食事中彼女がポツリと呟いた。

「もういいの、私は年の離れた子持ちのおじさんでも結婚できれば」

「何言ってんだよ、彼氏は?」

思わず口に出てしまった。

「もう会わないって言ったの、そしたらもう来なくなったわ。」

別れたという事なのか。

「そうだ、今度家族で旅行に行こうよ、企画するけどいいかな?」

「ええ~、いつ頃?」

「そうだな、その髪の毛が前のように伸びた頃。」

「そうね、いいかもね。」

半分冗談で言ったこの企画が数か月後に実現するのである。


人気ブログランキング

スポンサーサイト

Posted by OKさんたろう on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://soyokaze879.blog.fc2.com/tb.php/25-db679b32
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。